子宮頚がんワクチンについて

3年ぶりに
子宮頚がんワクチン裁判が
一般の傍聴者を入れて開かれました

被害者の方25歳
中学校1年生から初めてワクチンを接種し
2年生の時に3回目接種にて体調が急に悪くなり現在に至っています

なんとか憧れの医療関係の仕事をしていますが
ずーと座る事もできず
横になったりしながら仕事をしています

お休みの日はお友達とランチしたりお買い物したりしたい

しかし出歩く事で体調を崩し歩けなくなる。
それが3回目のワクチンからずーと続いています

家族にも迷惑掛けているし
病院もこの副反応は
『ワクチンと関係ない』と言われるし

私はどうたら良いのでしょうか?

最近子宮頚がんワクチンが
復活しました
まだ何も解決していないのに
なぜ始めるのか?

被害者の方が『私のような被害者を増やしたくない』
と酸素ボンベを背負って
お話していました

1人の裁判官は目を潤ませているであろう姿がありました
裁判なので反対討論者は
データを示し
海外でもこのような事は無い

実際3万人の若い方が
子宮頚がんに罹り
年間3000人ほど亡くなっている現実

その裏で副反応に悩まされている若い女性達

次回は2月20日
13時より集合
14時裁判になります

今回コロナワクチン接種で多くの亡くなった方
副反応に悩まされている方
なんとかしたい

もちろんメリットはある
しかしその裏で多くの方が
被害に遭っている現実

あの裁判を傍聴したら
子宮頚がんワクチン問題
まだまだ解決しない

コロナワクチンもそれ以上に解決しないと考えます

メリット、デメリット両方しっかり考えて答えを出してください

被害者の方は体調がすぐれないため
酸素ボンベを使いしかも60人の傍聴者の
色んな人の目もある
リスクでしかない

しかし被害者はしっかりと
自分の言葉でお話しされていました

おすすめの記事